東京喰種高槻泉のサインとは?

東京喰種裏情報、情報屋のTAKAです。

 

今回は高槻泉のサインについて記事を書いています。

高槻泉の正体がエトだと分かった時はなかなかの衝撃でしたね。

高槻泉の小説家としての人気は?

東京喰種高槻泉サイン
出典:aniotakaigi.com

 

東京喰種で出てくる小説家と言えば、「高槻泉」の名前が一番に出てきます。

どういう形で登場したかというと、主人公のカネキが高槻泉作品の大ファンという事で、サイン会で登場したのが印象深いですね。

高槻泉は主にミステリー小説家として活動しています。

 

小柄な体型で跳ねた長髪の女性であり、年齢は20代中盤?ぐらいだと推測。

作品の評価が高いのもありますが、高槻泉本人のファンもたくさんいる程、かなりの有名人だというのが分かりますね。

カネキ以外にも、リゼやヒナミも高槻泉の作品を読んでいる描写があり、若者受けがいいのかな?という印象も受けますね。

 

小説家として活動はしているものの、CCGに乗り込んで極秘情報を亜門に教えるなど、かなり謎な部分を持っていると言うのが高槻泉というキャラでした。

この高槻泉の正体がエトだったと判明した時は、高槻泉ファンの読者を震撼させた程ものです。

高槻泉の小説とは?

東京喰種高槻泉サイン
出典:tokyo-ghoul-re-netabare.com

 

現在ではエトや隻眼の梟としての登場が主になっていますが、やはり高槻泉としての活動にも触れて欲しいなと思っています。

作中に登場した高槻泉の小説は

  • 「拝啓カフカ」
  • 「黒山羊の卵」
  • 「小夜時雨」
  • 「虹のモノクロ」
  • 「なつにっき」
  • 「ルサンチメンズ」

と、六作品です。

 

最後の作品には、自身の事をモチーフとした小説を書いて欲しいですね。

そこで一気に高槻泉=エト=隻眼の梟としての人生が描かれることを密かに期待しています。

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

ced4878db3b6b487e8b8deb25e7175fd-2

有馬貴将の過去はこちら

 

TOPページに戻る

コメントを残す


五 × 6 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ