東京喰種滝澤の遺書には生存の可能性が記されていた?

 

東京喰種裏情報、情報屋のTAKAです。

 

東京喰種、「20区掃討戦」の前にCCGの全員が書かされた遺書。

滝澤が書いた遺書には実はある秘密が隠されていました。

その秘密とはいったい?

遺書から読み取る、滝澤生存の可能性

 

滝澤政道と言えば、銃のクインケを使うCCGのメンバー。

亜門を助ける為にクインケを使って、タタラがノロに滝澤を投げ渡したために片腕切断した後、CCGの報告書で亜門と滝澤の死亡が明記されている事から、死んだ人間だと思われています。

しかし、死の瞬間が描かれていないことと、滝澤の遺書の違和感から、生存説が囁かれることになりました。

 

CCGのメンバーは、戦闘前に遺書を遺すことが義務付けられています。

その遺書の中で、「死にたくない」と大きく滝澤は書いてあったのですが、遺書の中の文章でが「し」と言う言葉が抜けています。

東京喰種滝澤遺書
出典:www.dclog.jp

 

たぬき→たを抜いて読む見たいな言葉遊びみたいなもので、「し」がない=死がない→死なない と言う風に読み取れます。

他の文字と比較してみても、綺麗に「し」だけ消している事から、敢えて消しているのだと推測できます。

 

そして、滝澤が遺書を書いたのは123話「銃後」と言う回。 

遺書の「死なない」と「銃後」を組み合わせると、「銃を撃った後は死なない」と言うメッセージが浮かび上がってきます。

亜門を助ける際に銃のクインケを使った滝澤は、死んでいないと言う事ではないでしょうか?

もしかしたら、再登場は近いのかも知れませんね。

滝澤は喰種として蘇り、敵として立ちはだかる

東京喰種滝澤遺書
出典:www.youtube.com

 

東京喰種:reの20話で、滝澤の生存が確定となりました。

しかし、人間ではなく喰種としてなので、素直に喜べない人も多いかと思います。

喰種となった滝澤がどういう行動を取るかは分かりませんが、敵として立ちはだかる可能性が高そうです。

これからの喰種滝澤の行動に目が離せません!!

まとめ

 

滝澤は実際に生きていて、喰種になりハイセの前に立ち塞がりました。

かなり強敵になっているようなので今後どのように関わってくるのか楽しみですね。

 

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

ced4878db3b6b487e8b8deb25e7175fd-2

有馬貴将の過去はこちら

 

TOPページに戻る

コメントを残す


5 + = 十二

サブコンテンツ

このページの先頭へ