東京喰種喰種とは?特徴と能力を解説!

東京喰種裏情報、情報屋のTAKAです。

 

東京喰種には人間と喰種が存在しますが喰種について一度まとめておきます。

「まだ東京喰種を見始めたばかり」という方は参考にしてみてください。

喰種とは何なのか?

東京喰種喰種とは
出典:seiga.nicovideo.jp

 

人間の姿をしながらも、人間を喰らう怪人。

人間との見分けは全く付かないため、専門家の人間でも見つけるのは難しい。

人間以外では、水とコーヒーぐらいしか摂取できず、結局は人間を食べるしか生きる術はないとも言える。

 

人体を摂取すると、喰種は「赫包」と呼ばれる袋に「Rc細胞」を溜め込む。

人と見分けを付ける方法は、「Rc値」によって判別できるぐらいだ。

 

喰種の最大の武器と言えるのが、赫子(かぐね)と言う喰種特有の武器

人間を捕食する為に用いられるが、喰種同士の共食いの為にもしばしば使われている。

喰種は通常の武器では全くダメージを受けず、赫子または赫子で作られた「クインケ」でしかダメージを与えることは出来ない。

 

なので、喰種殲滅を主とする組織「CCG」のメンバーは、クインケを一つ以上は所持している。

それでも喰種の方が強いことが多いので、チームで戦うことを念頭に置いておかないと、簡単に食われてしまうのである。

赫子の主な種類とは?

東京喰種喰種とは
出典:youngjump.jp

 

赫子とは、体外に放出された「Rc細胞」で、血液の様に流れ歯よりも丈夫な硬さになる。

液状の筋肉とも呼ばれており、伸縮自在なので喰種によって形は異なる。

羽赫・甲赫・鱗赫・尾赫と出現する部位によって能力は異なってくる。

 

本作のメインヒロインである霧島トーカは、羽赫を使用しており、羽赫の特徴であるスピードを活かして戦う。

東京喰種喰種とは
出典:matome.naver.jp

この様に喰種と言ってもいろんな特徴があり、強さも千差万別なので、CCGもいろんなクインケを使って対抗していくしか他はない。

まとめ

 

喰種の特徴なんかは詳しく書かれていますがその起源などはまだ謎のまま。

喰種誕生の秘密は物語の核心に触れるかもしれませんね。

 

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

ced4878db3b6b487e8b8deb25e7175fd-2

有馬貴将の過去はこちら

 

TOPページに戻る

コメントを残す


五 + 9 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ