東京喰種不和妹ハルの病気「Rc細胞過剰分泌症」とは?

東京喰種裏情報、情報屋のTAKAです。

 

東京喰種:re42話で明らかになったRc細胞過剰分泌症という病気。

不知の妹ハルがこの病気になってしまいましたがいったいどんな病気なのでしょうか?

不和妹が感染した「Rc細胞過剰分泌症」

 

とある日、不和妹に小さな出来物が顔に出現した。最初は少しすれば治る程度のものだと思ったが、原因がわからなかったので病院へと入院することに。

東京喰種Rc細胞過剰分泌症
出典:http://mangakansou.com/

しかし、不和が次に見舞いに行った時には、あの出来物から赫子の様なものが飛び出していたと言う。

東京喰種Rc細胞過剰分泌症
出典:http://mangakansou.com/

それこそが、「Rc細胞過剰分泌症」と言う病気。

 

本来人間の体内に微量に含まれているRc細胞が、なんらかの異常により生成されてしまう。

Rc細胞過剰分泌症になる人間は、およそ100万人〜300万人いると言われている。

症状が進行してしまうと、激痛や強い吐き気に襲われ、記憶の混濁があった後、幼児化してしまう等の症状を引き起こしてしまう。

 

ベットに横たわる不和妹も、幼児化の様な症状が出ている為、かなり症状が進行している事が見て取れる。

現在では治すことが不可能らしく、Rc抑制剤の投与のみが進行を抑えることが可能らしい。

その為の治療費は、クインクスの補償金で不和は支払っていたらしいが、もう補償金も底を尽きかけているというのが現状である。

Rc細胞過剰分泌症が治せる日は来るのか?

東京喰種Rc細胞過剰分泌症
出典:http://onepiece-jump-manga.com/

 

現在では全く完治させる方法が見つかっていないのが、Rc細胞過剰分泌症の現状である。

この症状を治すためには、やはり喰種研究で一番の大物である嘉納が必要になってくるんじゃないかな?

現在はアオギリの樹と行動を共にしている嘉納だが、その詳しい目的は判明していません。

喰種研究を発展させて、Rc細胞過剰分泌症を治す方法を探ってるんじゃないかな?と、嘉納がアオギリを利用している可能性にも賭けてみたいな。

まとめ

 

東京喰種中で特殊な病気の事例は初めてですね。

他にもこのような病気が登場するのでしょうか?

 

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

ced4878db3b6b487e8b8deb25e7175fd-2

有馬貴将の過去はこちら

 

TOPページに戻る

コメントを残す


+ 二 = 3

サブコンテンツ

このページの先頭へ