東京喰種トーカの父アラタはまだ生きてるのか!?

 

東京喰種裏情報、情報屋のTAKAです。

 

東京喰種のヒロインとも言えるトーカ。

そのトーカの父親のことを詳しくご存じでしょうか?

今回はトーカの父親について詳しく見ていきたいと思います。

SSレート喰種アラタは、温厚な性格だった?

東京喰種トーカ父アラタ
出典:manga-netabare-kousatu-ou.info

 

アラタと言えば、トーカとアヤトの父であり、SSレートの喰種だということが明らかになっています。

篠原と黒磐の甲赫武装としてアラタの力が振るわれています。

アラタはSSレートの喰種という事で、かなりCCGに危険視されていた様ですが、実のところアラタは人も虫も襲えないほどに、温厚な性格の喰種だったらしいのです。

 

そんなアラタが何故SSレートの喰種として恐れられていたのか?という疑問なんですが、それはアラタが喰種を食べるという共食いをしていたからです。

喰種が喰種を食べることによって、自身のRc細胞濃度を高くなった。

Rc細胞は喰種の能力を底上げしてくれるので、共食いをしている内に、アラタは自然とSSレートの強さまで行ってしまったんでしょう。

 

あの性格から見て、強くなるために共食いをしていたんじゃなく、人間を食べたくないから共食いを選んだんでしょう。

CCGに捕まってしまったのも、抵抗すれば人間を傷付けると思ったからでしょうね。

アラタ生存?トーカ&アヤトとの再開は近い?

東京喰種トーカ父アラタ
出典:manga-netabare-kousatu-ou.info

 

篠原と黒磐の甲赫武装として登場したアラタですが、まだ生存している可能性が浮上しています。

それは、最初はプロトタイプのアラタを着ていた篠原と黒磐ですが、次の登場で亜門と完成品を着ていました。

一つの赫包から三つもクインケを作り出すのは不可能なので、リゼ同様に生きたまま利用されていると考えるのが自然な気がします。

トーカ&アヤトとの再開も、いつか叶えられるかも知れませんね。

まとめ

 

もしアラタが生きているとしたらどう物語に絡んでくるのか注目です。

完全なる赫者なのでかなりの実力者なのでバトルシーンを見たいところ。

 

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

ced4878db3b6b487e8b8deb25e7175fd-2

有馬貴将の過去はこちら

 

TOPページに戻る

コメントを残す


3 + = 九

サブコンテンツ

このページの先頭へ