東京喰種アヤト衝撃のカネキの半殺し定義のとは!?

 

東京喰種裏情報、情報屋のTAKAです。

 

カネキとアヤトの対決シーンを覚えているでしょうか?

あのシーンはなかなか衝撃的でしたよね?

カネキの言う半殺しの定義が半端ないです。

カネキが気づいたアヤトの秘密

東京喰種アヤト半殺し
出典:prcm.jp

 

カネキが半殺しの定義をアヤトに語ったシーンですが、それはこんな話の流れからでした。

アヤトの秘密に気づいたカネキは、アヤトに問い詰めようとするが、「テメエにわかるわけねーだろ・・・・ヴァーーーーーカ」と言うアヤト。

そして、カネキにムカついたようで、カネキに飛び掛り「死ぬ死ね消えろ!!」と怒涛のラッシュを繰り出します。

 

カネキがアヤトの秘密に気づいたキッカケは、あんていくでの戦いでトーカとヤモリが戦った時、アヤトがトーカが殺されないように庇った時です。

アヤトは姉であるトーカを憎んでいたはずなのに、何故アヤトはトーカを殺さなかったのか?

それは、アヤトが憎むべき相手以上に、姉弟としての関係を大事にしているという事だと気づきました。

アヤトとトーカが普通に姉弟として接する時が、いつか来るのかも知れません。

姉弟の絆からの、カネキ半殺し哲学

東京喰種アヤト半殺し
出典:indoor-zakki.com

 

こんな姉弟の絆が見えてきたいい話にも関わらず、カネキはアヤトを半殺しにする方法を考えていたようです。

上半身・下半身、臓器、脳・・・・と狂気に満ちた顔で呟くカネキ。

とカネキはふと結論に至った様で、全身の骨の半分を折ると言うのが「半殺し」の定義と決定した。

 

骨に付いて全力で解説を続けていくカネキに、アヤトも読者もガクブルに違いないでしょう。

それにしても、骨に付いての知識はどこで得たんだ?医学部のニシキ先輩辺りがでしょうかね。

骨を半分折られたらどうなるかは、想像すらしたくないですね。

まとめ

 

アヤトはアオギリのまま敵として終わらないような気がしますね。

再びトーカとアヤトが出会ったときにどうなるのかが楽しみです。

 

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

ced4878db3b6b487e8b8deb25e7175fd-2

有馬貴将の過去はこちら

 

TOPページに戻る

コメントを残す


八 + 6 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ